アラサーこじらせ女子★大阪婚活体験談ブログ

地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。 地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。

「若い」「可愛い」ではない!婚活で声をかけられる人は○○○

2020.8.22

婚活をしたいけど私は若くも可愛くもないし。誰からも声をかけられないんだろうな。だから気合を入れて参戦しても相手は見つからないかも・・・
こう考えて参戦をためらっていませんか?
実はそんなことはないんです。声をかけられる人は絶対的に○○○なんです。

◆声をかけられる人は総じて「自分が好きな人!」

「自分が好き」というのは、ナルシスト的な要素ではありません。自分を偏って愛したり、自己陶酔が激しい人のことではありません。

男性からみて魅力的に感じられる女性は、年齢とか容姿ではなく、今現在の自分に自信を持って生活している女性です。自己肯定感が高く、何事にもポジティブ思考で臨める人です。
もちろん、人間ですからネガティブな感情が渦巻くことだってあるでしょう。ですが、四六時中ネガティブな感情で生活していたら、言葉や態度に出てしまうもの。
男性はそんな雰囲気から、「この女性といても楽しくないかも、癒されないかも」と考えてしまいます。
自分を好きでいることは難しいことですが、仕事でも趣味でも頑張って楽しんでいれば、自然と自分のことが好きになれます。

◆「優れた人格」「安定した仕事」「家事育児の積極的」な男性ばかりではない

婚活パーティーに参加する男性は、優良物件ばかりではありません。これは男性も女性もお互い様なのです。
男性も「自分は特別見た目がいいわけでもないし、収入が多いわけではないし。恋愛経験も少ない。家事はあまりやらないのでこれからやっていきたいんだけれど・・・」こういう男性が多くいます。
自分にすごく自信があるわけではないけれど、いい人がいればいいな、このように、女性側と同じく、半信半疑で参加している人も多いのです。

婚活パーティーでは、「そこそこ優しくて、見た目もまあまあ。ある程度安定した職業に就いていて、家事育児を手伝ってくれる男性がいい」というのが高望みになるわけです。
「若くて可愛い子女性がいい」というのが高望みになるのと同様です。

ですから、自分が好きで自信を持って生活してれば、常に笑顔で相手に接す津ことができ、それが魅力的なオーラとなってあなたを包むのです。