アラサーこじらせ女子★大阪婚活体験談ブログ

地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。 地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。

婚活して結婚できた女性に聞きたい!「何をどうしてきたの?」

2020.8.29

コロナ禍で大当たりなのが、自宅から参加できるオンライン婚活パーティー。実際は、すぐにいいお相手を見つけられる人と、どんなに頑張っても交際に発展しない人の二極化が進んでいると言われています。
婚活して結婚できた女性は、いったい何をどうしてきたのでしょうか?

コロナ禍で大当たり中のオンライン婚活パーティーはこちら!
https://www.online-konkatsu.com/
特に「30代40代中心編」は参加者が増え続けています!

 

◆条件ではなくフィーリングを重視した

実際に婚活して結婚した女性に聞くと、「最初に抱いた理想とはかなり違う人と結婚した」という声を多く聞きます。
そんな女性たちは、最初は条件にこだわっていたものの、婚活を続けるうちに、フィーリング重視になった、とのこと。
フィーリングとはその人の醸し出す雰囲気や直感的に感じるものであり、プロフィールには書いていません。
実際に会って一緒に過ごすうちに「この人といると居心地がいい」「感性が似ているかも」と感じるようになり、だんだんと理想の人になっていた、と語る人もいます。

◆相手の長所を見つけ、素敵だなと感じられる

結婚相談所のアドバイザーがよく言いますが、「お相手の粗探しばかりする人はどんなに婚活しても結婚に至らない」とのこと。
相手の長所を見つけ、素敵だなと素直に感じられる人は、良縁に恵まれやすいと語っています。
自分だって完ぺきな人間ではないのに、それを棚に上げて相手にばかり理想を求めるのは筋が違います。
人間は誰でも長所短所を持ち合わせます。それを丸ごと理解して許容する器の広さが求められます。

◆自分の内面を磨いた

ここ最近の男性は、まじめに仕事に取り組んで内面を磨いている女性を、とても高く評価します。
昨今の経済事情もありますが、信用できる人と捉えるからです。
仕事内容や職場の環境、上司や同僚や部下との人間関係など、全く悩みの無い人はいません。しかし、自分の置かれた状況に文句ばかり言わず、きちんとパフォーマンスを発揮でき、状況対応ができる女性は、結婚しても子育てや地域・学校との関係性、親族との関りなど、さまざまな場面できちんと対応できるだろうと考えます。
仕事を辞めたいから結婚したい、など現実逃避のために婚活している女性は、会話や雰囲気で分かるため、敬遠されがち。
女性は年齢が上がるほど、内面が重要視されていきます。