アラサーこじらせ女子★大阪婚活体験談ブログ

地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。 地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。

交際経験ほぼゼロの人が婚活するときの注意事項

2020.10.3

恋愛の草食化が進んでいる昨今、男性の4~5人に1人、女性の5人~6人に1人は異性との交際経験がないと言われています。
ですが結婚願望は強く、全体の7割は結婚を望んでいるのだとか。
交際経験がほとんどゼロの人が婚活をするとき、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

◆警戒心を抱きすぎないこと

婚活パーティーにはいろいろなタイプの男性が参加します。一般的に恋愛強者はほとんどいない、と思った方が良いでしょう。
なぜなら、見た目もよくコミュニケーションも上手で女性の心を掴むような男性は、わざわざ婚活パーティーに参加しなくても自分でお相手を見つけるでしょう。
婚活パーティーに参加する男性は、恋愛経験が少なかったり、どこか自分の恋愛に自信がなかったりする人が多いのです。
ですから、最初からお相手に対して警戒心を持ったり、過度な期待をしたりするのはダメ。
どんな人とでも警戒心を持たずにまずは気軽に会話を楽しむことです。そして、自分からお相手に興味をもつ姿勢が大切。そうすればお相手も心を開いてくれます。

◆最初から上手くいくはずがない!と考えること

自分が傷つくのが嫌だから、お相手に素直に好意を伝えられない人は多いです。しかし、何でも最初から上手くいくはずがないのです。
本来、恋愛は相手の思いを汲み取ったり駆け引きしたりするもの。失敗しながら学ぶものなのです。
しかし、恋愛経験がないということは成功体験も失敗体験もないということ。自分が実践を通して学んできたことがないのです。
ですから、むしろ上手くいかなくて当たり前と思うこと。もし最初から何でも上手くいったら、その方が奇跡なのです。

◆すぐに「この人はナシ」と切らないこと

ちょっと自分の理想から外れたからと言って、すぐに「ナシ」の判定を下すのはやめること。
あまりにも清潔感に欠ける人や、全く人の話を聞かない人はともかく、この人にはこんないい面がありそうとポジティブに考え、その人のことを知ろうとすることです。
お相手も緊張して自分が上手く出せないかもしれません。あなたに気を使い過ぎて遠慮してしまった結果、あなたは会話が楽しくないと感じるかもしれません。
とにかくすぐにナシ判定を下さないこと。じっくり話してみたらいい人だった、というケースも多く、大きなチャンスを逃しているかもしれないのです。