アラサーこじらせ女子★大阪婚活体験談ブログ

地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。 地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。

カジュアルな1人婚活で席巻。Rootersを探る。

2017.9.29

神奈川県にいるときはあまり知らなかったんだけど、
ここ大阪が本社で、大阪を中心に恋活や街コンを企画している会社があるって聞きました。

「Rooters」って知ってますか?大阪の方は「チョー有名だよ」っていうのですが。なんかカジュアルに婚活・恋活・街コンを開催てくれてるみたいです。かつ、1人参加にすごーく力を入れているみたいですよ。

確かに、「婚活してます」ってなかなか恥ずかしくて友達に話せないですよね。友達同士でも彼氏がいる人といない人がいるし。一緒に婚活パーティー参加もいいんだけど、片方がカップルになって、もう片方がならなかったら気まずいし・・・

●一人参加歓迎って新しいかも!

一人参加だと、シレーっと参加して、何もなければまたシレーっと帰ってこられる。もちろん、誰にも言わなくてもOK。彼氏ができればできたで、「友達の紹介で~」なんて適当に言っておけば大丈夫だし。できなくて何回も何回も通っていても、一匹オオカミ参加(笑)だからなんとでもなる。一人参加歓迎をうたうのっていい戦略かもしれませんね。

カジュアルってのも気になります。カジュアル・・・ネットで調べると、気軽にくつろいだ感じ、とあります。
婚活を気軽に。分かりますが、婚活っていう言葉がつくとある程度びしっとしなきゃ、って思うのは自分だけじゃないと思います。でも思いつきで軽く参加してもいいってことだよね。1人で気軽に恋の始まりを・・・。婚活にもこんな文化を根付かせられたら、いいなって思うな。

●男女比一対一て無理じゃない?
これって絶対じゃなくて努力目標みたいですよ。だって絶対に無理だと思いませんか?一般的に男性が多くて女性が少ないのが普通。あ、でも医者や弁護士、公務員、消防士・警察官・自衛隊は圧倒的に女性が多いって。だから女性の参加費が高かったりする、当たり前だよね。
なんかRootersでは男がほぼ集まったパーティー、女性がほぼ集まったパーティーが検索できるみたいなんですよ。これだったら、異性が多いほうのパーティーに行きたくなりますよね。それで自然と参加者が集められて絞られるってわけなんだそうです。
でも、もしどこに行ってもほぼ1対1が守られていたら、逆に怪しいかもよ。バイトを雇っているとか?サクラ参加とか?ありがちですよねー(笑)

●恋活のために作られた自社ラウンジってすごくない?
一般のレストランとかって食事をするための空間。いかに食事を楽しく美味しく食べられるかに焦点を定めています。でも婚活する時って席を動くじゃないですか。そんな時にも動きやすい配列だったり飲み物を取りやすい作りになっていたりするんですって。
確かに合コンとか合席屋とか、一度座っちゃうと動きにくいですよね。これはいいアイデアです。だいたい2人から4人で1つのテーブルを囲む作りになっていて、話しやすく移動しやすいのが特徴だそうです。

●シャッフルタイムが少なくとも30分に1回!
婚活パーティーのフリータイムって、私も経験があるんだけど、ちょっと不安なんですよ。話したい人と話せるかわからないし、その人が他の女性に取られてしまったら、話し終わるまで待っていなければならないし。そうやって時間だけが経っていく・・・。
でもシャッフルタイムが何度もあれば、いつでもリセットしてくれます。狙いの人と話せなくても、シャッフルしたタイミングでいいな、と思う人が変わったりします、そんな想定外の自分の心の動きがまたドキドキ。
「絶対にこの人じゃなきゃ」っていうなぜだかわからないこだわりを捨て去るのには、このシャッフル回数が多いってことはとっても有効なんですよね。

●通販か?全額返金保証って(笑)
「満足いただけなかった方には、当日の参加費を全額返金!」これって何かのサプリメントのうたい文句ですかね?初参加のみの方対象らしいですけど。たまたまその日にいいなって思う人がいないっていうだけで、他の日に参加してみたら出会えてたかもしれない・・・?
婚活ってそんなに甘くないと思うんだけどなぁ。
でも本当に「なんとなく水が合わない」とか「Rootersの雰囲気そのものが合わない」などあるかもしれませんから、いい制度かもしれないですね。

なんだかんだ書きましたが、結局のところ評判が気になります。実際に参加した人の口コミからちょっと自分なり考察してみました。

【暖かい料理に感動した!30代女性】→婚活パーティーは基本的に飲み物した出ないところが多いみたいです。確かに異性と話をするのがメインだし。料理をほおばっていたら婚活に来たのか料理を食べに来たのか分からないですよね。あたたくて美味しい料理には魅力だけど、飲み物だけにしてその分料金を安くしてくれてもいいんじゃないかな。食事はカップルになってから「これから食事に行きましょうか?」っていう展開が私的には理想。

【さくさんの人と連絡先が交換できたけど。30代男性】→シャッフルタイムが20分に一回くらいあって、たくさんの女性と連絡先が交換できたって人の口コミが気になる。だって、実際に連絡を取ったら「ほとんどがブロック返し」だったって。それってひどくないですか?こういうことするから「参加女性はサクラだろ?」って言われるんですよ、Rootersは。

【立食フロアと着席フロアが分かれている。20代男性】→これはいいですね。婚活ってほとんど着席型かとおもいきや、雰囲気によっては立食にもいける。自社ラウンジの工夫点だそうです。いいお相手を見つけたら椅子のある所に誘う、辺りをさまよいたいんだったら、立食の場所にいる。臨機応変に女性の元に行くことができます。

【「連絡先を交換してくださいー!」と声がかかる!30代女性】→これって画期的じゃないですか?一般的な婚活パーティーって、連絡先を交換する意志のある人同士が交換するでしょ?でもRootersってスタッフから声がかかるらしいんです。そう、強制的に皆と連絡先を交換するんですって。しかもLINEのIDだそうです。だからたくさん連絡先が集まるんです。でも中には顔さえ覚えていない人もいるそう。だから連絡が来ても顔も雰囲気も覚えていなくて、だから必然的にブロックする人が増えてしまうみたいですけど。

【クローク代500円って???30代女性】→「荷物を預けろ」としきりに言われるそうです。それはクローク代の\500を取りたいからでしょう。もちろん、荷物が多かったら邪魔になって食事や飲み物も楽しめません。肩掛けバッグ位ならいいのではないかと思います。だから女性はなるべく荷物は少量にして、肩掛けバックで行きましょう。でも「預けろ、預けろ」とうるさいそうですが、「肩掛けなので結構です!」ときっぱり断りましょう。男性なら手ぶらで行った方がいいですね。断然!

【人数が多くても少なくても詰め込むのはやめて 30代男性】→最少催行人数が10名となっていても、実際に集まったら4,5名ってことがあるらしいですよ。それだったら開催しない、とすればいいのに、と思いませんか。知らない人が4,5人集まって盛り上がります?
逆に多すぎる人数でも会場に詰め込んじゃうとか。人数が多いのは会社としては喜ばしいの分かりますが、着席したくてもできなかったり、身動きが取れなかったりしたら不愉快ですよね・・・

結果!真剣に婚活したいのならRootersは選択肢から外した方がいいかもしれない。。。

でした(笑)