アラサーこじらせ女子★大阪婚活体験談ブログ

地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。 地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。

「超年上妻×年下夫」 うらやましい反面リスクも?

2019.5.25

24歳もの年の差を乗り越えて結婚した磯野貴理子・高橋東吾夫妻。でも残念ながら離婚することに。でもその理由、夫が放った言葉に日本中の女性は絶句しているのではないでしょうか・・・

自分の子どもが欲しいって言われても(;^_^A

本当に耳を疑いました。結婚当初、磯野貴理子さんは40代半ばだったはず。子どもが授からないことは想定できたはずです。それなのに7年たって55歳になった貴理子さんに向かって「やっぱり自分の子どもが欲しい」って。あまりにも身勝手、卑怯だと思いませんか?

全てを受け入れて結婚したはずじゃ?

結婚するにあたり、お相手の良いところ、嫌なところ、年齢、家族、全てを含めて好きだからプロポーズしたのではなかったのでしょうか?
当時とても話題になったので覚えています。本当に貴理子さんの人柄が気に入ったのだな、年齢って関係ないなって思わせてくれた件でした。中高年女性の婚活に光が差したような明るいニュースだったのに。
それを今になって子どもが欲しいって・・・。一般的に閉経しているであろう年齢の女性に対してあまりにも酷な、絶対に言ってはいけない言葉なのではないでしょうか。

中には「ああ、やっぱり」と思う人も

中には「やっぱりそうだよね」と思う人もいるとのこと。結婚した当初は子供はいなくても二人で幸せに暮らせればいいと思っていたのかもしれません。でも考え方が変わったのでしょうか。
元夫は31歳になり、周りの友人が結婚して子供を授かるのを目の当たりにしたのかもしれません。
やっぱり心のどこかで「いいな、自分も子供が欲しいな」と思ったのかもしれません。
31歳の男性なら、正直な気持ちなのでしょう。元夫は年齢的に子供を授かる可能性がありますから。いや、男性は50代になったって子どもを授かる人はいます。

改めて考える女性の出産適齢期

女性の生殖機能は男性とは全く異なります。平均的には、10代前半で生理がきて、50歳前後で閉経します。でもその間いつでも妊娠できるとは限らないといわれています。
出産に適していると言われる年齢は20歳~40歳くらいと言われています。人生100年時代、そのごくわずかな20年余りしかチャンスがありません。
そのチャンスの間でも、仕事の都合だったり恋愛の都合だったりで、結婚するとは限りません。
仕事にまい進してきた売れっ子タレントの磯野貴理子さんですから、なかなかチャンスが無かったのかもしれません。

テレビ番組の視聴率に利用されただけ?

最近テレビで公開告白や公開プロポーズが流行っているようですが、疑問です。プライベートなことを視聴率に利用される時代になったんだなと。
もしかして磯野さん夫婦は本当に結婚する意志があったのか?疑問に思ってしまいます。
もしかして元夫は当時から「子供が欲しい」と思っていたのではないか?番組に踊らされてプロポーズさせられて、ということはないのか?
疑われても仕方ないかもしれません。