アラサーこじらせ女子★大阪婚活体験談ブログ

地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。 地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。

「恋愛がわからくなった」「結婚したいのかわからくなった」時の対処法

2019.6.29

令和の現代、幸せの価値観て個人それぞれと言われています。結婚や出産は個人の選択で個人の自由。それなのに世の中はまだまだ結婚や出産に対する話題が多いし、結婚の出産もしない人に対しての風当たりは強いように感じます。

「恋愛がわからくなった」「結婚したいのかわからくなった」のは誰でもあること

一応婚活はしていますが、時々、恋愛が分からなくなったり結婚が本当にしたいのかが分からなくなったりします。世の中は「個人の自由であり、他人にとやかく言われる筋合いはない」という意見が大半ですが、ふたを開けてみると「なんで結婚しないの」「お子さんはまだ?」そういう話題ははびこっています。
どちらが正しい、ということはないのに、「結婚する方が正統派で正しい」という空気。
最近、恋愛や結婚が分からなくなったと思うのは私だけではないのでは?

まずは環境を変えてときめきがある空間へ

まずは環境を変えてみて男女問わず新たな出会いを見つけることが第一なのでしょう。ここで、「絶対に彼氏を見つけたいから、婚活パーティーにいく」というギラギラした活動だと、行く前に自分自身が疲れてしまうこともあるかもしれません。
あまり疲れないこと、例えば土日に習い事をしてみたり、カルチャーセンターに通ってみたり、スポーツジムに行ってみたり。
そこで同性異性問わず新しい人との出会いが自分を輝かせるかもしれません。

最初から結婚を想像しないことも大切

初めて会う男性に「この人はアリかナシか」で判断してしまうのは止めたほうがいいでしょう。この人と付き合って結婚できるかどうかで判断せず、まずは異性の友達として仲良く付き合えるか。徐々に打ち解けていって仲良くなるケースもあります。
そこで異性との会話の仕方や接し方をシミュレーションしてもいいでしょう。
恋人候補かどうかは置いておいて、自分を魅力的に見せるにはどうしたらいいか、可愛らしい女性と思われるにはどうしたらいいか、だんだんと分かってくるはず。そうしていれば徐々に自分を磨くことにも繋がります。

自分に自信をもって

「この人と会うために綺麗にしていよう」など、前向きな感情が大切。美人だとか若いとかそういうことではなく、自信に満ちている人ってだれでも魅力的。恋愛を忘れかけている人こそ実践してほしいです。です。
そういう方にはポジティブオーラが見えるというか、近寄って接すると自分にもいいことがあるように感じます。人間パワースポットかな?
そこまではいかなくても、自分自身がポジティブな感情をもって笑顔でいることが最も大切ではないでしょうか。何気ないことですが、日々気を付けていれば絶対に恋愛を思い出します。そしていつか結婚したいという気持ちだって湧いてきます。