アラサーこじらせ女子★大阪婚活体験談ブログ

地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。 地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。

令和のトレンドは女性主導型恋愛!告白もプロポーズも女性から!

2019.12.28

若い頃、普通にしていれば誰かが声を掛けてくれる、普通にしていれば結婚できる・・・そう思っていた人も多いでしょう。
けれども時代は変わりました。今は普通にしていたら告白されないし結婚もできません。
これからの恋愛は女性が主導権を握ります。

◆イモトアヤコさん・壇蜜さんに続け!?

話題になった結婚はたくさんありますが、この二人の特徴は自分からアプローチした、ということ。
イモトさんや壇蜜さんは超有名人だし収入も多いでしょう。一昔前だったら更にセレブな男性を捕まえていたかもしれません。けれども彼女たちは等身大の自分でいられることを優先したようです。
世間から何と言われようと、二人でいて居心地がいいことが絶対的な条件だったのでしょう。
お金持ちとのお付き合いをインスタに上げて大炎上、その末別れた剛力彩芽さんはちょっといただけませんね。

◆30代は崖っぷち!?

やはり二人とも年齢を考えて、今しか無いと思ったのでしょう。おそらく、子供がほしいのかもしれません。
イモトさんは33歳。出産を考えるなら35歳前に結婚を決めたいところです。もちろん先の仕事の都合もありますが、出産は先延ばしにしていたらいつまでたっても踏ん切りがつかなくなります。ぜひ強硬突破して子供を授かってほしいものです。
また壇蜜さんは39歳のまさに崖っぷち。もし今妊娠しても高齢出産となります。近年は滝川クリステルさんや華原朋美さんのように40歳を過ぎて初産を迎える人も少なくありません。
しかし、それはとても少数でありラッキーなこと。だれでも簡単に40歳を過ぎて子供が授かるわけではありません。

◆男も男らしさに疲れた?

恋愛において、男性も従来の価値観に縛れるのに疲れてきたのでしょう。告白もプロポーズも男性からするもの、デートではリードするもの、妻子を養って一人前・・・
今の時代、自信をもって妻子を養うなんて難しいことです。プロポーズで「幸せにします」なんていう自信がありません。何が起こるか分からない時代ですから。
昔は「女性は男性に幸せにしてもらうもの」だったのかもしれません。しかし、今は夫婦で協力しないと幸せな人生は送れません。
最近はプロポーズで「結婚してください」とオーソドックスでノーマルな言い方が主流になったのだとか。
男女の垣根も縮まり、どちらかがどちらかに依存する関係性は昭和の時代で終わりです。

◆草食系男子に期待してはいけない

結婚や出産が人生の中でリスクになってしまったのでしょうか、悲しい時代です。男性も傷つきたくない、振られたくない。さらに恋愛期間のお付き合いが面倒くさい・・・。だったら一人で気ままに独身生活をおくっている方がいい。
そんな草食系男子にもう期待できません。令和の時代は女性が主導して恋愛を進めましょう。
告白だってプロポーズだって女性からどんどんやっていきましょう!