アラサーこじらせ女子★大阪婚活体験談ブログ

地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。 地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。

婚活中の女性は、恋の駆け引きをしてはいけない?

2019.12.21

もしお相手が私に好意を示して来たら、ちょっとじらしたりして、相手の本心を確かめたい・・・。それでも食い下がってくるようなら、私に対する気持ちは本物かも!
こんな恋の駆け引きをしてみたい気持ちはわかります。しかし、婚活中の女性が恋の駆け引きをするのは、マイナス要素にしかなりません。

◆恋の駆け引きが成立するのはお互いに恋愛強者の場合だけ

恋の駆け引きが成立するのは、お互いそれなりに恋愛経験があり、駆け引きを楽しむ余裕のある人だけです。
相手に対して恋の駆け引きをするということは、相手より上の立場に立つということになります。恋愛においてこちらが優勢である、という大前提がなければ成立しません。
そして駆け引きといっても本質は相手の心をもてあそぶことに他なりません。

もしあなたに不釣り合いな、素敵な王子様が現われた場合、あなたに恋の駆け引きを挑んできたら、一生懸命に応えようと思うでしょう。
恋愛において、王子様の方が明らかに立場が上なのは自分でも自覚しているでしょう。だから駆け引きを挑まれても疑う余地はありません。

しかしこれがあなたが感じる「自分よりもレベルの低い男性」が恋の駆け引きを挑んできたらどうしますか?「馬鹿にしないで」「安っぽく見ないで」と思うでしょう。
あなたに恋の駆け引きをされるほど私はレベルの低い女じゃない、と思うかもしれません。

◆婚活をしてるという時点で恋愛強者ではない

婚活をしているということは、はっきり言ってお互い恋愛強者ではありません。立場も同等です。それなのにいきなり相手が上から目線で駆け引きをしてきたら、嫌な気分になるでしょう。
同じく相手に恋の駆け引きを挑んでも「自分の立場をわきまえろ」と言われるに違いありません。
婚活している恋愛弱者は、恋の駆け引きをしていられる立場ではない、ということをよく自覚しましょう。

◆恋愛経験が少ない人は真に受けるかも

恋愛経験が少ない人は、仕掛けられた駆け引きを真に受けてしまい、自分には脈がないのだろう、と思ってしまうこともあります。

あえてLINEの返事をしなかったり遅らせたりすると、自分に気が無いのかもと思われてしまう可能性もあります。
恋愛経験豊富な恋愛強者だったら、自分が試されていることを察し、様子を見てこちらからメッセージを送ったり、逆に、「駆け引き返し」をして放置してみる、なんていう手に出るかもしれません。

恋愛経験の少ない人は、駆け引きだと気付かずに、もう自分には好意はないのかもしれないと誤解をしてしまうかもしれません。
そうなると今まで築いてきた信頼関係にヒビが入ってしまいます。

婚活中は駆け引きなんてしている場合ではありません。素直に自分の気持ちを伝える方がずっと効果があります。