アラサーこじらせ女子★大阪婚活体験談ブログ

地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。 地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。

男性は女子力より人間力を求めている

2020.5.9

「結婚したいなら女子力を磨け!」今や巷にあふれているフレーズです。しかし男性は、女子力は最低限でいい、磨いてほしいのは人間力、と思っているとか。
確かに、分かりやすい例を示してくれるタレントさんっていますよね・・・

◆女子力磨きに執着するあまり結婚できない代表-田中みな実さん

ここ最近の田中みな実さんの女子力の磨き方は半端ではありませんね。少し前までは憧れる女性が多かったようですが、今や支持しているのは少数派。
もともと才色兼備であるキー局アナウンサー。一般の女性よりは相当ポテンシャルは高いはず。それなのにお金と時間をかけてさらなる女子力アップに執着している様子は、今では「ああいう女性になりたくない代表」の扱いに。
最初からマウンティングしてきている女子アナに、これ以上マウンティングされて、いい気分はしません。そして何よりも彼女は結婚できていません。最強女子=結婚できる、ではないのです。

◆ああいう女性といると疲れるから御免と男性

男性も最初は興味津々に見ていましたが、最近はもういい加減にしたら、という雰囲気。「ああいう女性と付き合うと疲れる」と敬遠しています。
もっと自然体の魅力でいてくれた方が男性だって癒されます。付き合うのに緊張するような女性は敬遠されるでしょう。
タレントのテリー伊藤さんは、過去の恋人の名前を出して「慎吾はよく我慢したな」と言っていたほどです。

◆女子力ではなくて人間力を上げること

自分の見た目への努力は最低限できていればいいのです、清潔感のある似合う服装、ほどよく手入れのされた肌、髪の毛、指先、足元。
食事や睡眠に普段から気を付けていれば、自然とその人の美しさは前面に出てくるものです。
大切なのは人としての人間力を上げること。これは男ウケのためではなく自分のため。
アラサーといった年齢を重ねた女性であるならば、男ウケを意識した自分磨きからはそろそろ卒業すべきです。自分のためになる磨き方をすることが大切。

例えば、スキルアップするために勉強する、知識や教養を深めるために新聞を読む、テレビやラジオはニュースが中心、むやみにゴミを増やさない生活を心がける、部屋を整理整頓する・・・。男性の目を意識するのではなく、自分の魅力を底上げする人間力をもっと磨くことが、自然と女子力を上げることにつながるのです。