アラサーこじらせ女子★大阪婚活体験談ブログ

地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。 地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。

結婚相談所ではどうして医者と美人がお荷物になるの?

2018.12.15

私、アラサーせいこだってある意味お荷物かもしれません。でも自分で自覚しています。たいして美人でもないし。なにか特別「これは負けません!」っていうこともないし。

美人に生まれていたらなー。人生変わっていたんだろうな。すぐに彼氏ができただろうし。婚活パーティーなんて行かなくてもよかっただろうし。
お医者様を紹介されたりして。そしてめでたく玉の輿!

と思いきや、ちょっと考えられな話が。結婚相談所では医者と美人がお荷物になることが多いのだとか。うそでしょ!

どうも、結婚できずに売れ残っている医者は、女性に対してコミュ障チックなんだそうです。
患者さんと必要なやり取りはするし、医者や看護師ではチームで協力する仕事なので、仕事面からみたらまあフツーの人なんでしょう。

でも女性目線からみたらコミュ障。女性との会話のキャッチボールができない。

一方、なぜ美人がお荷物に?だって結婚相談所って最初に写真でお相手を見るじゃないですか。美人ってそれだけですごい得ですよ。特に男性って見た目に左右されやすい生き物。

でも売れ残っている女性ってプライドが高くてガードも堅い。近づきにくい。愛嬌がない。

また「ここまで独身をつらぬいたんだから、最高のお相手を見つけなきゃ。先に結婚して私を馬鹿にしている子たちをギャフンを言わせてやる!」この勢いがまた無駄なパワー。そこそこいい人を紹介してあげても「いや、もっといい人がいるはず」となかなか妥協できないんだとか。