アラサーこじらせ女子★大阪婚活体験談ブログ

地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。 地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。

早々と結婚を決める人はここを重視している!

2018.9.15

先日、友達にハッとすることを言われました。

「いい人がいたら結婚したいとか、理想の人がいたら結婚したいとか、そんなことを言っているから、あなたたちはいつまでたっても結婚できないのよ。」

実際、友達は婚活パーティーで知り合った人とめでたく結婚しました。とりわけイケメンでもなく、収入が高いわけでもなく、引っ張ってくれるタイプでもなく。でも運命の人だったんでしょうね。

彼女は「運命の人がいたら」ではなく「この人を運命の人にする」、発想を転換させないと結婚なんて絶対にできない、と豪語していました。

確かに彼女は、彼を運命の人に仕立てていった感があります。家事の分担を話し合ったり、将来の子作りの計画を立てたり。さすがですね。

だからあれこれ条件を付けないことはもっとも大切。だって自分だって完璧な人間じゃないですよね。

それに100%相性の良い相手なんてこの世に存在しません。夫婦なんて所詮赤の他人なんです。「なんでも分かりあえる」って思う方が間違い。

恋愛結婚って、相手の条件とかはあとから分かるものじゃないですか?
話が合う、フィーリングが合う、一緒にいて居心地がいい、そういう精神的な相性の良さから入るものです。

結婚相談所やお見合いって、まず相手のプロフィールから選別しますよね。目で見える条件や検索して引っかかった人しか見えない。他はNGにしちゃう。これって出会える相手の幅を狭めているんですよね。