アラサーこじらせ女子★大阪婚活体験談ブログ

地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。 地元に帰らず大阪で恋がしたい!阪急のこじらせ女子が婚活してみた…というよりはじめました。

DNA診断で男女の相性が分かるってホント?

2019.10.26

医療の診断に利用され始めている遺伝子診断。その人がどんな病気にかかりやすいかリスクを診断し、予防のためにはどうしたらよいか、大きなヒントを与えてくれます。
その遺伝子診断が男女の相性診断に使われ始めたと聞いたので、調べてみました。

HLA遺伝子で男女の相性を判断するらしい・・・

人の免疫をコントロールするHLA遺伝子というものがあり、その型は約16,000通りあります。HLA遺伝子の型が近い人ほど相性が悪く、離れているほど相性が良いとのことです。

自分が持つHLA遺伝子に対し、離れている型のHLA遺伝子を持つ人との間に子どもをもうければ、双方の免疫機能の不足部分を補うため、丈夫な子どもが産まれる可能性が高まります。さらに、流産のリスクも少ないとの報告もあるようです。
妊娠出産のリスクをなるべく減らし、丈夫な子孫を産むために、人はHLA遺伝子の異なる人を求めるセンサーを持っているとのことですが、それは嗅覚だそうです。

女性は臭いでHLA遺伝子の遠い人を嗅ぎ分けられる!?

1995年、スイスのベルン大学にてクラウス・ウェデキンド教授が「Tシャツ実験」を行いました。
人はHLA遺伝子によって特有の臭いを持っているそうです。
44人の男子学生に2日間同じTシャツを着てもらい、汗と臭いを付着させてもらいました。その臭いを49人の女子学生に嗅いでもらったとのこと。
結果、自分とHLA遺伝子の型が近い人の臭いは「嫌い」と感じ、遠い人の臭いは「好き」と感じる傾向が強かったとのこと。
女子学生は男子学生の臭いで自分と遠い型の人を判断していたことになります。
妊娠出産を担う女性は、なるべくリスクを減らし、丈夫な赤ちゃんを産めるように、さまざまなセンサーが働いているのでしょう。これも太古の昔から女性に備わっている能力のひとつなのかもしれません。

「DNAマッチング」で相性診断してくれる

このHLA遺伝子を診断して相性の良い相手を紹介してくれるサービスを展開しているのが、人気結婚相談所「ノッツェ.」
(株)医道メディカルと業務提携を結び、会員の唾液を採取して送付してもらいHLA遺伝子の型を調べます。
2019年1月から始めたこのサービスは反響を呼び、会員は徐々に増え続けているとのことです。

決定打となる真実があれば告白しやすい?

婚活サービスを利用する人の中には、自分の恋愛に自信が持てず、せっかくつかんだきっかけを逃してしまう人もいます。「本当にこの人でいいのだろうか」そんな不安から告白できない、プロポーズをためらう・・・。でも「この人とは遺伝子レベルで相性がいい」と分かれば、それが決定打となり告白など次のステップへ進む勇気の源になるかもしれません。
婚活サービスを利用する男女がカップルへそして結婚へ結びつけば効果あり、なのでしょう。